LOG IN

109. インターネットマシーン

by Kyrie

日本語が文字化けするような頃だったので、
私は慣れないインターネットにも苦心しながら、
Yahoo UKのメールアドレスを作り、家族や友達に知らせた。

そこから「ローマ字」でメールを送った。

スマホなんてないし、
携帯電話もわざわざ「国際電話用」を新たに買わねばならなかった。

ローマ字は読みにくかったので、
私はメールチェックをするときには
「声に出して読み上げる」
ことをしなければならなかった。



1ユーロコインを入れると10分間インターネットが使えるマシーンだった。
キーボードの配列も日本とスペインとでは違った。
「アットマーク」がなくて困った。

とにかく多くの人に1度に自分の無事を知らせるには、メールを送るしかなかった。
今ならFacebookやTwitterなどでラクに無事を知らせることができるのだろう。
でも、今でも私の家族はインターネットが使えないから、やっぱりメールかな。
私がスマホを持っていけば、日本語で書けるし。

あとは葉書をやたらと書いた。
帰国して「よくあんなに葉書を書く時間があったね」と言われて、寂しく思った。
私が他の人とコミュニケーションが取れず一人でいることが多かったから、書いていたので。
でも、一方で少しでも「自分の無事」を知らせ、心労を軽減したい、とも思っていたから、
「けっ!」
とも思った。

とにかく10分越えずにメール読んでメール書いて送る!
それに必死になっていた。








Kyrie
OTHER SNAPS