LOG IN

092. 12km?たったそれだけ?

by Kyrie

大きな街を後にして、私はホスピタレイロの手伝いをしたアルベルゲに戻るため、
坂道を歩いていた。

おじさまの巡礼者に出会い、話しかけられる。
よくある質問をされ、「今日はどれくらい歩いたの?」と聞かれた。
私は「今日は歩いていない」と答え、ホスピタレイロの手伝いのことを話した。

「前の日は何km歩いたの?」
「12km」
「12km? たったの?」

私がうなずくとおじさんは怒ったように言った。

「カミーノは歩くものだ。
留まるものじゃない。
もっともっと歩かなきゃ!」

きつい口調で言われた。
耳の痛い話だ。
「天国のようなアルベルゲ」でそう言われたのに。

「明日からまた歩きます。
20km以上は歩くつもりです」
「ああ」

そして私はアルベルゲに着き、おじさんは先を目指して歩いていった。



この頃、耐震工事を行ったマンション騒動があった。
だから建物の工事現場を見ていたら、ざっくりした感じに見えて驚いた。
日本より地震が少ないから、問題ないのかな。




Kyrie
OTHER SNAPS