LOG IN

089. ねじれた柱

by Kyrie

前日、ここを通ったときには入れなかったのに、
なぜかこの日はこの不思議な柱の建物の中に入ることができた。

キリスト教関係の建物だとはわかるが、実態はなにかわからなかった。
建物の外壁にかけられた垂れ幕にねじれた柱の写真がプリントされていた。

それを見た私も興味をそそられた。

中庭にその柱はあった。



季節はバラの頃。
緑したたる庭にバラが咲く。




どうして柱がねじれているのか、さっぱりわからなかった。
言葉がわかったらなぁ。

帰国してから調べよう。
どれくらいのものをそうやって、やり過ごしてきたのか。
巡礼から10年経った今も、カミーノ関係の本はたった1冊しか読めなかったというのに。



すべてをわかる必要がないのかもしれない。

謎に魅せられて、研究者は研究を重ねていく。
あるいは想像力を膨らませ、お話がつくられていく。
正しくても正しくなくても、なにかを駆り立てるきっかけとなる。
謎めいたものたち。



不思議な気持ちで回廊を巡る。







Kyrie
OTHER SNAPS