LOG IN

022. フランスでの初めての温かい食事

by Kyrie

アルベルゲの建物の前に長いテーブルが並び、
グラスやお皿、ナプキンもセットされた。

ご飯だ!
ご飯だ!

エールフランスでの機内食以来初めての温かい食事!
すっかり空っぽになったお腹を抱え、
私は今か今かと待っていた。



このアルベルゲに泊まっているすべての巡礼者が集まり、夕食が始まる。
長いテーブルに料理がどんどんと置かれ、
巡礼者がサーヴしあう。

みんな声高に何かをしゃべりながら、食べる。
私は会話についていけない。
とにかく黙々と食べる。

この時点で「ああ、温かい食事をしていなかった」と気づいた。
泣きそうになった。

巡礼者たちはカミーノの有名な歌を歌い出した。
私はそれも知らない。
ただわけもわからずに聞いていた。

夜、さすがに昼寝をしすぎたせいか、あまり眠れなかった。






Kyrie
OTHER SNAPS