LOG IN

009. サン・ジャン・ピエ・ド・ポー巡礼事務所

by Kyrie

電車を降りると、巡礼者が列をなして歩いている。
到着したのは、サン・ジャン・ピエ・ド・ポー。
フランス南部のスペインの国境に近い小さな町。

スペイン巡礼の道はヨーロッパじゅうに網の目のように広がっている。
サン・ジャンは特に有名な「フランスの道」の出発地点。
難易度もそう高くなく、初心者向け。

巡礼事務所で、巡礼者として登録し「クレデンシャル」を発行してもらう。

クレデンシャルとは「きちんと巡礼をした」と証明するものだ。
ちょっと厚手の台紙に、アルベルゲ(巡礼宿)やお店でスタンプを押してもらい、
きちんと巡礼したことを証明する。
その台紙をクレデンシャルと呼ぶ。

また、ゴール地点のスペインに「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」の巡礼事務所では
サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂発行の賞状のようなクレデンシャルを発行してもらう。

私はここで手続きをし、歩きで巡礼をすることや日本からやってきたこと、巡礼の目的などを申請し、
クレデンシャルと簡単な情報、そしてピレネー山脈を越えるための注意事項(日本語)をもらった。

巡礼者の印は「帆立貝」であり、
私はここでドネーティボ(ドネーション)として1ユーロ支払い、
帆立貝を手に入れる。

それから今夜のアルベルゲ(巡礼宿)に連れていかれた。
そこの女主人は私のことを「ジャポネーゼ!!」と呼び、
好ましくなかった。





Kyrie
OTHER SNAPS